ビジネスとしての準備

2016年2月16日

単純に「外国人観光客が美容室を訪れた時の対策」として考えるのではなくて、「外国人観光客に利用してもらうための対策」と考えるならば、もっと前段階からの対策が必要となります。訪ねてきた外国人に対してどう対応するか、ではなくて、「どうやって外国人観光客に足を運んでもらうか」と言う所から考えなくてはいけなくなります。その一つがネット発信の情報です。今や外国人観光客は、どうやって日本での時間を楽しむか、という事を考える時に、必ずと言っていいほどネットから情報を入手します。実際にその国の体験をした人たちも自分の体験を多くネットで発信する時代です。ですからまずはネット上で他店と差をつけて、自分のお店を外国人観光客にアピールする必要があります。具体的に言えばホームページを日本語だけではなく、外国語でも作成するという事があるでしょう。スタッフブログも外国の方でも理解できるようにしておくと、さらに魅力的でしょう。そして実際に来店していただいた際には、看板やメニューなども外国人が解るような表記にするとか、外国語でも表記しておく、などの心遣いがあると、一段と外国人の方には喜ばれる事でしょう。それと同時に「あの美容室なら外国人に優しい」という評判にになるはずです。手荒れの原因と言うのは、水やシャンプー剤で手を使う事によって、手を保護する皮脂が流れ落ちてしまうからと言われています。そうであるならば単純に考えて、その皮脂が流れ落ちないようにあらかじめ予防策を摂ればよいのでは?と言う事になりますよね。もちろんそんなに単純な話ではないと思いますが、そういう対処法が無いわけではありません。たとえばクリームなどをあらかじめ塗りこんでおく、というのも一つの対処法のようです。手荒れがひどくなる前に出来るだけ予防をするわけですね。また完璧に近い形で皮脂が落ちてしまうのを防ごうと思えば、なるべく水に触れない、つまり手袋を使用する事です。できるだけそういう予防策をとる事で、手荒れのためにドクターストップがかかるようなひどい症状になる事を防ぐ、という事が少しでも楽に仕事を続けることにつながると思われます。ですが美容師と言う職業は、知っての通り忙しいものです。なかなか病院に行く時間も無い、というのが実情のようですし、クリームを塗布するぐらいの事では、シャンプーの回数に追いつかない、というのも実情のようですね。手荒れをしてしまう美容師にとっては、あっという間に悪化してしまう、というのが普通の様です。この悩ましい実情のため、実際に美容師を辞めてしまう人は多いようです。美容室 練馬 ヘアサロン パーマ トリートメント 口コミ 人気 オージュア