カルテからメールリストへ

2018年5月14日

カルテを利用して顧客リストを作ればDMなどに活用できます。郵送するDMも有効ですが、最近ではメールによるDMも効果があるようです。メールなら文字数をあまり気にすることなくお客さんに気持ちを伝える事ができます。ただ気を付けなくてはいけないのは、知らない所からのメールや心当たりのないメールに対して人は警戒してしまう、という事です。ブロック機能を使って見てもらえなかったり、そういうメールを良く受け取る人なら放置されてしまってそのうち紛失されてしまう可能性があることででしょう。ですからメールを受け取ってもらえる工夫をしなくてはいけませんね。少なくともスパムメールだと思われるような事はしない方が良いですね。メールの利点はそのメールの中にさらに案内したい事を張り付けられる、という事ではないでしょうか。たとえばクーポンの方へ誘導したり美容師のブログやスケジュールのページへと案内する事も出来ます。お客さんにとって魅力的な情報を一通のメールで案内する事が出来るというのは効率が良いですよね。ただメールは送る方にとっても見る方にとっても気軽に扱う事が出来るものでもあります。メールを送る美容室の方も手書きの重みとは違って、指先ひとつで送信できてしまう危険性に気を付けたいところです。カルテの存在と言うのはお客さんも承知のうえです。時には「何が書かれているんだろう?」と思う人もいるかもしれません。よく病院に行って自分の病状が重いのではないか、と心配する時にはカルテにかかれたわけの分からない文字があとても気になったりしますよね。自分の重い症状が解らないようにするためにこの様な文字を使っているのではないか、と深読みする事もあるかもしれません。美容室でその様な心配をする人はいないかもしれませんが、たとえば自分は扱いづらい客として記入されているのではないか、といった心配はするかもしれませんね。ですからあまりにもあからさまにカルテの存在をちらつかせるのはあまり良くないかもしれません。また若いスタッフの中にはカルテの記入や閲覧にばかり気が行って目の前のお客さんとの関わりがおろそかになってしまう事も有るようです。カルテはあくまでもカルテであって、一番大切なのはお客さんとのふれあいであることを忘れてはならないでしょう。またいくらカルテでお客さんとの次回の対応のために役に立つ情報を記すとはいっても、お客さんを否定するような事や、あまりにもプライベートな事を文字にする事はやはりやってはいけない事だと思われますね。美容室 三軒茶屋 ヘアサロン カラー トリートメント 当日予約 人気