プロだと言われても

2018年5月14日

美容師にとっては当然ながらお客さんの髪質を見るとその人が「パーマがかかりやすい髪」であるか「かかりにくい髪」であるか、という事はわかるものでしょう。ですからその人の要望を良く聞いて、どうすることがそのお客さんの要望に出来るだけ近づけるか、という事を考えなくてはいけないんですね。お客さんに言わせれば「たとえかかりにくい髪質であっても、そこを何とかするのがプロの美容師でしょう?」を思ってしまう事でしょう。ですがどうしても美容師でもなかなかクリアできない悪条件も有り、美容師にもその経験年数によっては技量の差も有ります。お客さんがどれだけ自分がかかりくい事を自覚してオーダーしているか、という事にもよりますし、無理をしてかかることのその後の危険性をどれだけ理解してくれるか、という事にもよります。美容師の方ではお客さんの髪質をきちんと判断し何をどう留守のがベストかを判断する事、、希望のパーマをかけた時の結果で起こりうる事態の説明、お客さんに納得してもらえるまで理解を求める事、などが求められることになります。それらがすべてうまく組み合わされば、結果としてお客さんの不満を最小限に抑える事が出来たり、満足してもられる事につながるのではないでしょうか。パーマで「失敗した」と感じたことがある人は案外多いと思います。どういった人が失敗と感じやすいのか、というとそれは当然ながらパーマのかかりにくい人といえるでしょう。パーマがかかりにくい人にとってはそもそも思ったほどウェーブが出ない事に不満を感じる結果となるのだと思いますが、その時にどうオーダーしたか、という事も関係してきます。特にありがちなのが、そもそもパーマがかかりにくい髪質であるのに、「パーマを緩くかけたい」とオーダーしてしまう事です。特に初めてのパーマ、髪の毛がいたって健康なのにパーマをかけようとした場合、そもそもパーマがかかりにくいのです。ですがそれを「あまりパーマっぽく見えない感じのゆるふわスタイル」にしようとしても、そてはとても中途半端な結果を招いてしまいがちなんですよね。かかりにくいからしっかりとかけるとかかり過ぎてしまう、ゆるふわにしようと思うとかからない、といった感じです。いっそ数回やりなおすことになったとしてもしっかりとしたパーマをかけた方が良いかもしれません。またブリーチなどで傷んでいる髪の毛ではほとんとのケースできれいなパーマはかかりません。その知識がないお客さんにとっては、どんなに色々な美容室に通ってもきれいなパーマにならない事が不満となってしまうでしょう。まつエク 三軒茶屋 つけ放題 セーブル ミンク クーポン おすすめ ランキング