予約電話の時点で緊張をほぐす

2018年5月14日

予約の電話を美容室にかける、という事に関して、かけるお客さん側と受ける美容室スタッフ側の認識がかなりずれている、と思うんですね。受ける美容室スタッフの方はおそらく新人の頃からこの電話の応対についてかなり教育や練習をされていて、慣れてくると緊張もしないでしょうし、むしろ忙しい時などは心のどこかで電話をさっさとすませてしまいたい、という気持ちがあったりしても事務的にうまく応対する事が出来るようになってしまったりもするのではないでしょうか。毎日何本もかかってくる予約の電話ですから、一人一人のお客さんに対して丁寧な会話をする必要はない、と思ってしまって当然かもしれません。ですが初予約をしようとしているお客さんにとっては、その美容室に電話を掛けるのは最初の一回、なんですよね。どんなスタッフなのか、どんなことを聞かれるのか、緊張するのは当然です。その美容室スタッフとお客さんとの一本の予約電話に対する気持ちのずれが、その美容室の評判を落としてしまう事態を招くこともあるでしょう。美容室側に求められるのは、この初めての予約の電話こそがそのお客さんをゲットできるかどうかのポイントになっている、という事です。初めてのお客さんだ、と察したら緊張をほぐすような応対をする事が必要でしょう。美容室に予約の電話を掛けると、おそらく多くの美容室で「事務的な質問」をされると思うのです。「名前」「会員番号など」「希望予約日時」「希望のメニュー」「希望の美容師」などを順に質問されるのが通例です。お店によっては名前を聞かれるのは一番最後、という美容室も有るようです。この会話が事務的である、と感じるのは、それは美容室が良かれと思って美容室スタッフに「そのような順で伺う様に」というマニュアルがあるからでしょう。確かに美容室にとって予約に必要な情報を漏れなくお客さんから聞き出すためには会話の手順を決めてマニュアル化するのが一番徹底するでしょう。ですがその結果、あまりにも事務的な対応になってしまう事が多いようです。それがお客さんにとっては「冷たい」「何か悪い事を言ったかな」という印象になってしまう事が多いんですよね。お客さんに最初の電話で「感じが悪い」と思われた美容室は、まだお客さんが初来店していないうちからマイナスポイントを付けられてしまうようなものです。よくあまり評価されていない美容室の口コミを見てみると、意外と多いのが施術内容ではなく「予約の時に電話の応対が悪かった」「予約の電話は緊張するからしたくない」という意見が多いようです。この点について見直す事は美容室にとっては集客を左右する事になるのではないでしょうか。溝ノ口の美容院