実際の休みの日の日数

2018年5月14日

美容師の皆さんの休日の日数を私達が具体的に知る所となるのは、主に求人情報だと思うんですね。美容師を求める求人をみると労働条件として休日の日数も記載されています。そこには一般的な企業とは変わらない「週休二日」とか「完全週休二日」といった文字が見られることが多いですよね。もちろん美容室と言う職場は基本的にはお店が土日が休みではないので、平日の休みであることはほとんどの人が承知している所ではあります。そういった求人情報を見る限りでは、美容師の休日と言うのは一般的な企業やお店とはあまり変わらない条件である、と思われますが、実際に美容師をしている人の話や美容師の知り合いがいる人などからは「美容師の仕事はきつい、休みが少ない」という話を聞きますよね。「休みが少ない」といっても条件的にはきちんと休みの日が与えられているのに、と疑問に思う事になります。多くの美容師たちが言うのはお店が休みであっても、たとえ「今日は仕事の日ではない」という日であっても、仕事がらみでの用事が入ることが多く、休みが休みではい、といった状況になっている美容師が多い様なんですね。たとえば休日に勉強会や講習会があったり、若い美容師で言えばカットモデルを探すために街頭に立ったり、というような事が休日に入ってくるようですね。これでは確かに休みとは言い難いでしょう。美容師に限らず働いている人にとって休日と言うのは日頃の疲れをリフレッシュする良い機会となります。体力的にリフレッシュする事も大切ですが精神的にもリフレッシュする事が大切です。美容師の皆さんはお店が開いている時間内はほとんどのスタッフさんが立ちっぱなしで働いています。おそらく体力的にもきつい仕事でしょう。中途半端な体制でいることも多いので腰が辛い、という話も良く聞きますよね。同時に美容師の皆さんは精神的にも疲れがたまっている人も多いようです。それは仕事量や仕事に対する拘束時間がかなり長いので、十分な休養が取れない、という事があるようです。また日頃から特に若い美容師の中では、仕事をしている、とはいってもまだまだ一人前ではなく、スタイリストデビューをするために毎日練習や勉強をしていて、昇格するための試験に落ちが日などは精神的にも辛い事が多いでしょう。お店が終わってからの練習や指導も厳しく、夜中に家に帰る頃にはへとへとになっている、という話を良く聞くものですよね。そんな美容師の皆さんはどのような休日を過ごされているのでしょうか。それほど辛ければ寝ているだけで終わってしまうのではないか、と思われますが、それだけが美容師の休日の過ごし方ではないようです。美容院 ヘアサロン 綱島駅 カラー デジタルパーマ 人気 口コミ 予約