Monthly Archives: 5月 2018

髪質

2018年5月14日

パーマがかかりやすい、かかりにくい、というのは元々その人が持っている髪質にもよるようですね。たとえば髪の毛の太さにも関係があるようです。髪の毛が元々太い人は初回のパーマはかなりかかりにくい、と言われています。ですがその後は安定してかかるようになる様です。逆に髪の毛が細い人、というのはなんとなくかかりやすそうに思われますが、実際には細くてかかりにくい、という人が多いようです。髪の毛が太い人というのは髪の毛一本一本がピンとしている事が多いのですが、そういう人は初回以外はかかりやすいのですが、細い人は髪の毛が柔らかい人が多くてハリ感がない感じの人が多いものです。そういう細くて柔らかい髪の毛の人、というのはかかりにくい可能性が高いと考えた方が良いでしょう。自分で自分の髪質がどういった感じなのか、という事をわかっていれば自分のパーマのかかりやすさが想像できると思います。素人の想像で行くと、なんとなく太い人の方がかかりにくい様なイメージがありますよね。太くてしっかりとした髪の毛はウェーブしにくいのは無いか、と単純に思ってしまいますが、実際にはその逆の様な感じですね。ただ太くてハリがしっかりとある髪の毛、いわゆる直毛の人はやはり普通とくらべるとかかりにくいようですね。髪の毛にクセのある人と無い人とではどちらがパーマがかかりやすいでしょうか。これは想像通りだと思うのですが、クセのある人の方がかかりやすい、と言われています。いわゆる直毛の人はかかりにくいみたいですね。直毛の中でも地毛が直毛である人もかかりにくいのですが、縮毛矯正をかけている人もウェーブを出すパーマをあてるとなかなか効果が出ない事が多いようです。その逆でもとから少しウェーブのある人の方がパーマは効果が出やすい、と言われています。ですからもともとクセがあって縮毛矯正をしたけれども、やはり少しクセのウェーブではなくて、扱いやすいウェーブが欲しい、と思った時にはパーマを選ぶことになると思うのですが、そういう時にはかかりにくい事が予想されるので注意した方が良いでしょうね。もともとクセのある人はヘアスタイルをどうするべきか、とやな無人が多いものです。美容室に行けば色々なアドバイスをされますが、何が正解なのか良く解らない人も多いと思います。ですが意外とパーマがかかりやすい、という事を考えると、最初からクセを生かすパーマをかけた方がよいかもしれません。クセがあるとどうしてもまっすぐな髪の毛に憧れて縮毛強制などをしてしまう人が多いのですが、かかりやすさを考えると最初からパーマで対応して方が傷みも少なくて済む様な気がしますね。調布にある美容院

次につながるカルテの記入

2018年5月14日

美容室においてカルテを使用する時には、ただお客さんの基本の情報を記入しておく、というだけでも良いかもしれません。ですがよりお客さんとスタッフ全員が気持ち良く付き合っていこうと思うならばより詳しいカルテを作成する方が良いでしょう。たとえばどんな会話をしたか、という事や、どんな話題を提示したらどんな反応を示したか、というような事も書かれていれば、次回の担当者はそれを担当に話題を提供する事が出来たり、お客さんの嫌がるような話題は避ける配慮をする事が出来るでしょう。お客さんが自ら話した趣味や家族構成や最近の出来事などを記入しておくのも良いかもしれません。たとえば前回「あの映画が見たいんですよね」という話になったとしたら、それをカルテにメモしておけば、次の回には「そういえばあの映画見られましたか?」と話題を振ることができるでしょう。もっとお客さんと親しくなりたければお客さんが見たいと言っていた映画を自分も見てみる美容師もいるかもしれませんね。次の施術ではその映画の話で盛り上がることができるでしょう。お客さんにとって嬉しいのは自分の事を覚えてくれていた、前回話した内容を覚えていてくれた、気にかけていてくれた、という事なのではないでしょうか。そこを逃さない手はないでしょう。お客さんが美容室に満足する、というその内容はただ単に技術が素晴らしい、と言うだけではないと思われます。その美容室の全体的な雰囲気、スタッフの人柄、美容師との会話など全てにおいて満足できなければ、再来店する気持ちにはならないでしょう。特によく聞かれるのが「技術は良いが美容師の性格が合わない」という話です。つまりどんなにカットが上手くても、その美容室で過ごす時間が居心地の良いものでなければ再来店しようとは思わない、という事ですね。ですから美容室側もお客さんに再来店してもらいたい、と思うならば、技術をひたすら磨くだけではいけない、という事です。そして勘違いされがちなのが「楽しい会話をすれば良い」と美容室側が思っている事ではないでしょうか。お客さんにとって楽しい会話、というのはただ美容師が芸能人のごとく上手く面白い話をしてくれる、という事ではありません。どう感じるかは人それぞれで、もしかしたら自分の話を聞いてほしいお客さんだっているものです。もっと言えば「話しかけてほしくない」というお客さんだっているんですね。ですから個々のお客さんがどの様な会話やどのような応対を望んでいるのか、という事をカルテに記していくと良いのではないでしょうか。少なくとも「このお客さんにはこういう事はしない方が良い」という事はきちんと引き継ぎが出来る様にしておきたいものです。矢場町の美容院

電話応対の評価

2018年5月14日

お客さんの中には「電話を掛けるのは苦手」とか「電話で知らない相手と話すのは難しい」と思っている人も少なくないでしょう。そんなお客さんたちにとってはその電話を掛ける事が美容室へ行く事のハードルを上げてしまっている、ともいえるかもしれません。もし飛び込みで行っても少しの待ち時間で受け付けてくれる美容室があったならばその方が良いに決まっていることでしょう。ですが実際には電話予約が必要な美容室が殆どで、そんな時に勇気を出してかけた電話で美容室のスタッフの応対が悪かったら、本当に嫌になってしまう事でしょう。電話と言うのはそもそも顔を見ることなく話をしなくてはいけないので、相手の表情が見えない分声だけで印象が決まってしまう場でもあります。そうなってくると本来のその人の声室と言う事も関係してくるかもしれませんが、多少は大袈裟なぐらいに愛想の良い対応をしてもらわないと、感じの良い美容室スタッフだった、とは受け止めてもらえない事が多いのではないでしょうか。実際には美容室スタッフは悪気があったわけではない、というかもしれませんが電話を掛けたお客さんにとっては「ぶっきらぼう」「冷たい」といった印象となることも多々あります。美容室側はいかに感じの良い応対をするか、というトレーニングや教育が必要となることでしょう。美容室に行こうと思った時に、まずは予約を入れなくてはいけない、というのが当たり前になっていますが良く考えたらそれってちょっと面倒だな、と思った事はありませんか?時間のある人なら良いですが、美容室の営業時間中に電話予約をするのは人によっては仕事の手を休めなくてはいけなかったりしますよね。当たり前になってしまって「どうして予約をしなくてはいけないの?」「もっと簡単に予約は出来ないものか?」と思う人はあまりいないかもしれません。ですがそれがお客さんにとって一手間であることには間違いないでしょう。最近受け付けられるようになってきたWEB予約が使えるようになったときに、これは便利だ!と思った人は少なくないでしょう。そうはいってもまだまだWEB予約を採用している美容室ばかりではないので、自分の目当ての美容室がまだ電話予約しか受け付けていない場合には、どうしても時間を作って電話をしなくてはいけませんね。予約をするためにわざわざ美容室の定休日や営業時間帯を調べて、という手間もかかってしまいます。そもそも美容室と言う所はやはり良彩矢くなしでは対応が難しいところなのでしょうか?飛び込みのお客さんを断っている美容室も多いですが、実際にはそれほどまでに時間が埋まってしまっているのでしょうか。桜新町の美容院

実際の休みの日の日数

2018年5月14日

美容師の皆さんの休日の日数を私達が具体的に知る所となるのは、主に求人情報だと思うんですね。美容師を求める求人をみると労働条件として休日の日数も記載されています。そこには一般的な企業とは変わらない「週休二日」とか「完全週休二日」といった文字が見られることが多いですよね。もちろん美容室と言う職場は基本的にはお店が土日が休みではないので、平日の休みであることはほとんどの人が承知している所ではあります。そういった求人情報を見る限りでは、美容師の休日と言うのは一般的な企業やお店とはあまり変わらない条件である、と思われますが、実際に美容師をしている人の話や美容師の知り合いがいる人などからは「美容師の仕事はきつい、休みが少ない」という話を聞きますよね。「休みが少ない」といっても条件的にはきちんと休みの日が与えられているのに、と疑問に思う事になります。多くの美容師たちが言うのはお店が休みであっても、たとえ「今日は仕事の日ではない」という日であっても、仕事がらみでの用事が入ることが多く、休みが休みではい、といった状況になっている美容師が多い様なんですね。たとえば休日に勉強会や講習会があったり、若い美容師で言えばカットモデルを探すために街頭に立ったり、というような事が休日に入ってくるようですね。これでは確かに休みとは言い難いでしょう。美容師に限らず働いている人にとって休日と言うのは日頃の疲れをリフレッシュする良い機会となります。体力的にリフレッシュする事も大切ですが精神的にもリフレッシュする事が大切です。美容師の皆さんはお店が開いている時間内はほとんどのスタッフさんが立ちっぱなしで働いています。おそらく体力的にもきつい仕事でしょう。中途半端な体制でいることも多いので腰が辛い、という話も良く聞きますよね。同時に美容師の皆さんは精神的にも疲れがたまっている人も多いようです。それは仕事量や仕事に対する拘束時間がかなり長いので、十分な休養が取れない、という事があるようです。また日頃から特に若い美容師の中では、仕事をしている、とはいってもまだまだ一人前ではなく、スタイリストデビューをするために毎日練習や勉強をしていて、昇格するための試験に落ちが日などは精神的にも辛い事が多いでしょう。お店が終わってからの練習や指導も厳しく、夜中に家に帰る頃にはへとへとになっている、という話を良く聞くものですよね。そんな美容師の皆さんはどのような休日を過ごされているのでしょうか。それほど辛ければ寝ているだけで終わってしまうのではないか、と思われますが、それだけが美容師の休日の過ごし方ではないようです。美容院 ヘアサロン 綱島駅 カラー デジタルパーマ 人気 口コミ 予約