意外にアクティブな休日

2018年5月14日

これだけ美容師の皆さんの仕事は激務で、しかも休みが少ない、となると休日には美容師の皆さんはみなしっかりと家で休養を取っている、と思いきや、意外にもアクティブに過ごしている美容師も多いようです。ショッピング、デート、ジム、エステ、その他の趣味、など家でじっとしているイメージとは程遠い感じの美容師が多いのです。驚くことに休日にお店から言われたわけでもないのに自分のスキルアップのために自分で講習会への出席を決める美容師もいるようです。これだけ激務をこなしているのだからさぞかし休日はぐったりしているのだろう、と想像していましたが逆に休日こそ自分の時間、と思って存分に楽しんでいる人が多い様なんですね。もっともこれも人によるのかもしれませんが、本当に美容師と言う仕事を楽しんでいる人こそ、休日もきちんと楽しむ事が出来る傾向が強いのではないでしょうか。まさに充実している、という感じかもしれません。ですがこれが一人で休日を過ごすのであれば問題ないかもしれませんが、たとえば付き合っている彼女や彼氏がいる、となるとなかなかそこに費やす時間が無い、と悩み美容師も多いのではないでしょうか。たとえ自分には時間があっても相手と時間を合わせる、となるととても難しいように思われます。なぜ美容師の皆さんがそんなに休みが無いように感じてしまうのか、という一つの原因として慢性的なスタッフ不足が一つの要因である、と言われています。勉強会や講習会、モデルハントといった事で休日がつぶれてしまう、という事もあるようですが、実際に休日返上で働かざるを得ないスタッフも多いと言われています。それは常に必要なスタッフの人数に満たない状況で仕事を回している、という事が多いからだそうです。美容師の離職率はかなり高い、とよく言われていますが、せっかく育てたと思ったスタッフが辞めてしまう、という事があまりにも多く、人数的には足りていても実際に戦力になるスタッフが育たないまま辞めてしまって、売り上げをもたらすために働くことができる、というスタッフの人数がいつもギリギリである、という事があるようなんですね。そのような状況で売り上げを落とさない様にしよう、とおもえば当然そこそこの経験のある美容師が休日返上で働くしかありません。それは簡単に「休日出勤」という事で片付けられてしまうので、それが慢性的になってもなかなか改善されない状況があるようです。もちろんそれを拒否する事はできるかもしれませんが、人数の少ない職場で皆が休日返上で働いている中、自分だけがそれを拒否する、という事がなかなか難しい雰囲気でもあるようですね。武蔵小杉の美容院

髪質

2018年5月14日

パーマがかかりやすい、かかりにくい、というのは元々その人が持っている髪質にもよるようですね。たとえば髪の毛の太さにも関係があるようです。髪の毛が元々太い人は初回のパーマはかなりかかりにくい、と言われています。ですがその後は安定してかかるようになる様です。逆に髪の毛が細い人、というのはなんとなくかかりやすそうに思われますが、実際には細くてかかりにくい、という人が多いようです。髪の毛が太い人というのは髪の毛一本一本がピンとしている事が多いのですが、そういう人は初回以外はかかりやすいのですが、細い人は髪の毛が柔らかい人が多くてハリ感がない感じの人が多いものです。そういう細くて柔らかい髪の毛の人、というのはかかりにくい可能性が高いと考えた方が良いでしょう。自分で自分の髪質がどういった感じなのか、という事をわかっていれば自分のパーマのかかりやすさが想像できると思います。素人の想像で行くと、なんとなく太い人の方がかかりにくい様なイメージがありますよね。太くてしっかりとした髪の毛はウェーブしにくいのは無いか、と単純に思ってしまいますが、実際にはその逆の様な感じですね。ただ太くてハリがしっかりとある髪の毛、いわゆる直毛の人はやはり普通とくらべるとかかりにくいようですね。髪の毛にクセのある人と無い人とではどちらがパーマがかかりやすいでしょうか。これは想像通りだと思うのですが、クセのある人の方がかかりやすい、と言われています。いわゆる直毛の人はかかりにくいみたいですね。直毛の中でも地毛が直毛である人もかかりにくいのですが、縮毛矯正をかけている人もウェーブを出すパーマをあてるとなかなか効果が出ない事が多いようです。その逆でもとから少しウェーブのある人の方がパーマは効果が出やすい、と言われています。ですからもともとクセがあって縮毛矯正をしたけれども、やはり少しクセのウェーブではなくて、扱いやすいウェーブが欲しい、と思った時にはパーマを選ぶことになると思うのですが、そういう時にはかかりにくい事が予想されるので注意した方が良いでしょうね。もともとクセのある人はヘアスタイルをどうするべきか、とやな無人が多いものです。美容室に行けば色々なアドバイスをされますが、何が正解なのか良く解らない人も多いと思います。ですが意外とパーマがかかりやすい、という事を考えると、最初からクセを生かすパーマをかけた方がよいかもしれません。クセがあるとどうしてもまっすぐな髪の毛に憧れて縮毛強制などをしてしまう人が多いのですが、かかりやすさを考えると最初からパーマで対応して方が傷みも少なくて済む様な気がしますね。調布にある美容院

次につながるカルテの記入

2018年5月14日

美容室においてカルテを使用する時には、ただお客さんの基本の情報を記入しておく、というだけでも良いかもしれません。ですがよりお客さんとスタッフ全員が気持ち良く付き合っていこうと思うならばより詳しいカルテを作成する方が良いでしょう。たとえばどんな会話をしたか、という事や、どんな話題を提示したらどんな反応を示したか、というような事も書かれていれば、次回の担当者はそれを担当に話題を提供する事が出来たり、お客さんの嫌がるような話題は避ける配慮をする事が出来るでしょう。お客さんが自ら話した趣味や家族構成や最近の出来事などを記入しておくのも良いかもしれません。たとえば前回「あの映画が見たいんですよね」という話になったとしたら、それをカルテにメモしておけば、次の回には「そういえばあの映画見られましたか?」と話題を振ることができるでしょう。もっとお客さんと親しくなりたければお客さんが見たいと言っていた映画を自分も見てみる美容師もいるかもしれませんね。次の施術ではその映画の話で盛り上がることができるでしょう。お客さんにとって嬉しいのは自分の事を覚えてくれていた、前回話した内容を覚えていてくれた、気にかけていてくれた、という事なのではないでしょうか。そこを逃さない手はないでしょう。お客さんが美容室に満足する、というその内容はただ単に技術が素晴らしい、と言うだけではないと思われます。その美容室の全体的な雰囲気、スタッフの人柄、美容師との会話など全てにおいて満足できなければ、再来店する気持ちにはならないでしょう。特によく聞かれるのが「技術は良いが美容師の性格が合わない」という話です。つまりどんなにカットが上手くても、その美容室で過ごす時間が居心地の良いものでなければ再来店しようとは思わない、という事ですね。ですから美容室側もお客さんに再来店してもらいたい、と思うならば、技術をひたすら磨くだけではいけない、という事です。そして勘違いされがちなのが「楽しい会話をすれば良い」と美容室側が思っている事ではないでしょうか。お客さんにとって楽しい会話、というのはただ美容師が芸能人のごとく上手く面白い話をしてくれる、という事ではありません。どう感じるかは人それぞれで、もしかしたら自分の話を聞いてほしいお客さんだっているものです。もっと言えば「話しかけてほしくない」というお客さんだっているんですね。ですから個々のお客さんがどの様な会話やどのような応対を望んでいるのか、という事をカルテに記していくと良いのではないでしょうか。少なくとも「このお客さんにはこういう事はしない方が良い」という事はきちんと引き継ぎが出来る様にしておきたいものです。矢場町の美容院

電話応対の評価

2018年5月14日

お客さんの中には「電話を掛けるのは苦手」とか「電話で知らない相手と話すのは難しい」と思っている人も少なくないでしょう。そんなお客さんたちにとってはその電話を掛ける事が美容室へ行く事のハードルを上げてしまっている、ともいえるかもしれません。もし飛び込みで行っても少しの待ち時間で受け付けてくれる美容室があったならばその方が良いに決まっていることでしょう。ですが実際には電話予約が必要な美容室が殆どで、そんな時に勇気を出してかけた電話で美容室のスタッフの応対が悪かったら、本当に嫌になってしまう事でしょう。電話と言うのはそもそも顔を見ることなく話をしなくてはいけないので、相手の表情が見えない分声だけで印象が決まってしまう場でもあります。そうなってくると本来のその人の声室と言う事も関係してくるかもしれませんが、多少は大袈裟なぐらいに愛想の良い対応をしてもらわないと、感じの良い美容室スタッフだった、とは受け止めてもらえない事が多いのではないでしょうか。実際には美容室スタッフは悪気があったわけではない、というかもしれませんが電話を掛けたお客さんにとっては「ぶっきらぼう」「冷たい」といった印象となることも多々あります。美容室側はいかに感じの良い応対をするか、というトレーニングや教育が必要となることでしょう。美容室に行こうと思った時に、まずは予約を入れなくてはいけない、というのが当たり前になっていますが良く考えたらそれってちょっと面倒だな、と思った事はありませんか?時間のある人なら良いですが、美容室の営業時間中に電話予約をするのは人によっては仕事の手を休めなくてはいけなかったりしますよね。当たり前になってしまって「どうして予約をしなくてはいけないの?」「もっと簡単に予約は出来ないものか?」と思う人はあまりいないかもしれません。ですがそれがお客さんにとって一手間であることには間違いないでしょう。最近受け付けられるようになってきたWEB予約が使えるようになったときに、これは便利だ!と思った人は少なくないでしょう。そうはいってもまだまだWEB予約を採用している美容室ばかりではないので、自分の目当ての美容室がまだ電話予約しか受け付けていない場合には、どうしても時間を作って電話をしなくてはいけませんね。予約をするためにわざわざ美容室の定休日や営業時間帯を調べて、という手間もかかってしまいます。そもそも美容室と言う所はやはり良彩矢くなしでは対応が難しいところなのでしょうか?飛び込みのお客さんを断っている美容室も多いですが、実際にはそれほどまでに時間が埋まってしまっているのでしょうか。桜新町の美容院

実際の休みの日の日数

2018年5月14日

美容師の皆さんの休日の日数を私達が具体的に知る所となるのは、主に求人情報だと思うんですね。美容師を求める求人をみると労働条件として休日の日数も記載されています。そこには一般的な企業とは変わらない「週休二日」とか「完全週休二日」といった文字が見られることが多いですよね。もちろん美容室と言う職場は基本的にはお店が土日が休みではないので、平日の休みであることはほとんどの人が承知している所ではあります。そういった求人情報を見る限りでは、美容師の休日と言うのは一般的な企業やお店とはあまり変わらない条件である、と思われますが、実際に美容師をしている人の話や美容師の知り合いがいる人などからは「美容師の仕事はきつい、休みが少ない」という話を聞きますよね。「休みが少ない」といっても条件的にはきちんと休みの日が与えられているのに、と疑問に思う事になります。多くの美容師たちが言うのはお店が休みであっても、たとえ「今日は仕事の日ではない」という日であっても、仕事がらみでの用事が入ることが多く、休みが休みではい、といった状況になっている美容師が多い様なんですね。たとえば休日に勉強会や講習会があったり、若い美容師で言えばカットモデルを探すために街頭に立ったり、というような事が休日に入ってくるようですね。これでは確かに休みとは言い難いでしょう。美容師に限らず働いている人にとって休日と言うのは日頃の疲れをリフレッシュする良い機会となります。体力的にリフレッシュする事も大切ですが精神的にもリフレッシュする事が大切です。美容師の皆さんはお店が開いている時間内はほとんどのスタッフさんが立ちっぱなしで働いています。おそらく体力的にもきつい仕事でしょう。中途半端な体制でいることも多いので腰が辛い、という話も良く聞きますよね。同時に美容師の皆さんは精神的にも疲れがたまっている人も多いようです。それは仕事量や仕事に対する拘束時間がかなり長いので、十分な休養が取れない、という事があるようです。また日頃から特に若い美容師の中では、仕事をしている、とはいってもまだまだ一人前ではなく、スタイリストデビューをするために毎日練習や勉強をしていて、昇格するための試験に落ちが日などは精神的にも辛い事が多いでしょう。お店が終わってからの練習や指導も厳しく、夜中に家に帰る頃にはへとへとになっている、という話を良く聞くものですよね。そんな美容師の皆さんはどのような休日を過ごされているのでしょうか。それほど辛ければ寝ているだけで終わってしまうのではないか、と思われますが、それだけが美容師の休日の過ごし方ではないようです。美容院 ヘアサロン 綱島駅 カラー デジタルパーマ 人気 口コミ 予約

きれい好きで乾燥肌になってしまうかも

2016年2月15日

日本人は非常にきれい好きで、普段からよく手を洗うし毎日お風呂に入り体を洗っています。昔から肌が綺麗な人が多かったと言われていますが、現代ではきれい好きのせいで肌の老化を早めてしまう事もあるため注意しないといけません。昔は今ほど洗浄効果の高い洗剤が合ったわけではありませんし、天然の成分を利用して体を綺麗にしていたためきれい好きでも肌を老化させずに済みましたが、洗浄効果の高い人工の洗剤が作られるようになったことで、きれい好きな人程肌年齢が高くなるなんてことも起こります。現代に人の多くが肌の乾燥に悩まされています。年齢を重ねて皮脂の量が少なくなり、肌から水分が蒸発していくことで乾燥肌になってしまうわけですが、肌を洗いすぎることでも乾燥肌になってしまいます。普通の肌は乾燥から守るため皮脂の油分で肌をコーティングしていますが、肌を洗い過ぎてしまうと肌を守っている油分が洗い流されていくようになります。油分がなくなれば肌の水分を蒸発から守ってくれる物もなくなるわけで簡単に乾燥していくようになります。洗い物をしていると手が荒れてしまうのも水や洗剤によって油分がなくなっているからです。きれい好きになりすぎて肌をしっかりと洗い過ぎているとかえって肌が乾燥して老化しやすくなってしまうのです。自分の普段の行動が洗い過ぎになっていないかをチェックしてみましょう。20代にもかかわらず乾燥肌に悩まされている人の多くは洗い過ぎが原因ですので、バランスのいい洗い方を見つけてみてください。肌の乾燥に悩まされている人は水分を補おうと化粧水を使う事を心がけるかも知れません。でもそれだけで乾燥が改善することは珍しく、乾燥肌の悩みがなくならないといった人も多いと思います。肌が乾燥してしまう原因は水分が失われていることと、水分を守る油分が足りなくなっていることです。肌に油分はいけないイメージから乾燥対策に油分を補うということをしていない人が多く、乾燥の悩みがいつまでたっても解決できなくなってしまいます。乾燥肌に悩まされている人は油分を補ってあげることを考えてみましょう。スキンケアの時に化粧水をつかって肌に水分を与えてあげたら、オイルを使って肌に蓋をしてあげましょう。化粧水の水分は浸透するまでに時間がかかり、そのままにしておくとすぐに蒸発してしまいます。化粧水が蒸発するときには肌に含まれている水分も同時に奪っていくため化粧水を使いすぎてしまうとかえって乾燥を招くことにもなります。化粧水の使いすぎに注意しつつ肌に必要となる最低限の油分も与えてあげる事が乾燥肌に悩まされている人の正しいスキンケアになります。オイルは数滴程度で十分です。使いすぎてしまうと肌の油分のバランスが悪くなりかえって肌の調子が悪くなる可能性もありますので、使いすぎには注意するようにしてください。一度にそんなに量を使う事が無いため経済的でオススメです。肌に油分が足りなくなってきたと感じている人はオイルを使って肌に必要な油分を補ってあげてください。八王子 美容室

美容室でヘアカラーを行うときの注意点

2016年2月4日

髪の毛を染めるために美容室を利用するという人も多いと思います。ヘアカラーを行う上でいくつか注意点について見直してみましょう。ヘアカラーは特殊な薬剤を使って行います。人によっては髪の毛や肌にダメージが出てしまうこともあります。特に直前にシャンプーをしていくことは避けたほうがいいでしょう。美容師に髪の毛を染めてもらうわけですが、ただ染めてもらうわけにはいきません。できれば具体的なイメージを考えて詳しく伝えるという事が大事になりますが、最低でも明るくしたいのか暗くしたいのかだけでも考えておかないと完全なお任せ状態になり、仕上がりがどうなるか分かりません。一度染めたら簡単には戻せませんので最初のイメージはしっかりと美容師に伝えられるようにしておきましょう。ヘアカラーは髪の毛にダメージを与えます。同じように縮毛矯正等も髪の毛にダメージを与えますので、近い間隔で行うと髪の毛がボロボロになってしまうこともあります。美容師は髪の毛の状態に合わせて使う薬剤を決めていますので、できれば縮毛矯正やパーマをかけたときなどは覚えておいて伝えておくと美容師もヘアカラーを行いやすくなります。ヘアカラーはファッションのイメージに合う物が大事になるため、普段着に近い格好の方がヘアカラーは成功しやすいといわれています。いつもとは全く違ったファッションを避けていった方がいいでしょう。美容室で髪の毛を染めてもらう上で失敗しないようにするためにいくつかの注意点を覚えておいてください。池袋 美容院

美容室探しはホットペッパービューティー

2016年2月4日

今通っている美容院に満足していますか?まだまだ行きつけの美容院を模索している最中だという方必見、美容院の検索サイトを利用してみませんか?美容院を探すのは難しいことです。一度お店に行って施術を受けてみなければわからない事ばかりなので、自分に合うお店を探すのは長期間に渡ってしまうことは珍しくありません。そこで、美容院の検索サイトを利用して少しでも美容院探しに役立てていただけたらと思います。有名なところでは「ホットペッパービューティー」というサイトです。美容院だけに限らず、美容に関するお店を検索できる便利なサイトで、ネイルサロンやエステサロン、整体などのお店を探すことができます。サイト内にはヘアカタログ写真が掲載されており、美容院へ行く前に気になるヘアスタイルをチェックしておくこともできます。お店の検索からヘアスタイルの検索まで、サイト内で一度で済ませることができとても便利なサイトです。ショートヘアからロングヘアーまで様々な種類のヘアスタイルがあるので、どんな髪型にしようか悩んでいる人はヘアカタログ目当てでサイトを利用してもいいかもしれませんね。サイト内でお店を探すと各お店に口コミが寄せられています。口コミを見てみるとお店に行った感想などが書かれているので、それを参考にしてお店選びをしてもいいでしょう。実際にいったことがある方の意見はとても貴重で参考になるものですからね。気になるお店があったら口コミも一緒に見てみましょう。柏 美容院

美容室に初めて行く時の注意

2016年2月4日

先日川口 美容室に初めて行くという方から何を気をつけた方が良いのか聞かれました。
美容室は髪を切る所ですから、そこまで気にする事は無いように思いますがこれはした方が良いという事だけ挙げてみたいと思います。

まずどんな髪型にしたいというイメージがある場合は、その髪型に似合うような服を選び着ていくと良いでしょう。
服装がある程度固まっていると美容師さんもどういうふうにすれば似合う髪型になるのか把握しやすいのだそうです。

それから、服装の系統を見て提供する雑誌を決めるという事もあるので、服装は少し気にしておいた方が良いでしょうね。
イメージが湧かない場合には美容師さんと雑誌を見ながら決める事もできますから考えこまずにいても大丈夫です。

そして、これは気を付けておいて欲しいのですが、ピアスはなるべくしないようにしましょう。
耳から垂れるようなデザインですとハサミが引っかかったりして危ない事もありますから、できるだけしないかはめ込むタイプの小さな物をしていくと良いでしょう。
髪を切る時には頭だけ出して下はエプロンで覆われてしまいますから、首から下のアクセサリーは気にしないでも大丈夫ですけどね。

また、なるべくハイネックの服もやめておいた方が良いでしょう。
髪を切る時に邪魔になってしまいますから、首周りがすっきりした服を選ぶ事も重要です。

お店によるこだわり

2016年2月4日

美容室は各地に様々なお店がありますが、それぞれにお店独自のこだわりがあります。
大きなお店でしたら賑やかな雰囲気だったり高級感のある広い店内だったり、また小さな店ではアットホームな雰囲気を大事にしているお店が多くあるように感じます。

どちらが好みかは人それぞれですが、私は後者の小さなお店の方が好きですね。池袋 美容室は大きいだけに色々なお客さんが来ているので周りの目が気になったり、オシャレな人が多いと何となく気が引けてしまうけど雰囲気が好きなんです。
隣の席にすごく綺麗な人が座ったりしたらもう緊張して美容師さんとまともに会話もできないですよ。

小さなお店では数人しかお客さんもいないですし、周りの目が気になるということもありません。
それに、店内がこじんまりとしていると個室の様でゆったりと過ごせるし賑やかなお店よりもリラックス出来るのが好きなんです。

美容師さんも大きなお店よりは余裕がある感じでゆったりとしている方が多いのでそれも魅力だと思いますね。
お店の雰囲気の好き嫌いは人によって変わるので、先ずは自分に合う雰囲気のお店を見付けることから始めましょう。
リラックスするには自分に合う雰囲気が一番ですから色々なお店に行ったり口コミを調べてみたりしてみると良いでしょう。